平成25年11月句会の秀句
「キー」
キーワード忘れて森を出られない 孝子
釈明のキーを探しているホテル 英昭
さあおいで心にキーはかけてない 由美子
「わがまま」
我を通し空しい風が吹き抜ける 和喜子
わがままも空気になった阿吽の背 友子
余命聞きわがまま許す不仲妻 久仁重
「分ける」
生きてゆく風の匂いを嗅ぎ分けて 道子
熱かんを仏と分けて秋深む 文子
炊き出しの鍋に民意が照らされる 照美
「尻尾」
雨風に耐えた尻尾が物を言う 時任敏子
尻尾振る男の哀を見てしまう 文子
葛藤の尻尾八起を繰り返す よね
「怖い」
戦争も津波も風化する怖さ 時任敏子
十指から自由が落ちてゆく怖さ あずさ
一球の怖さをしっているエース 島津敏子
「雑詠」
座禅堂白い心になれるまで 孝子
本の朱線はあなたの叫びだと思う 文子
たまに陽も当たる力みを捨ててから 陽子

PAGE TOP