平成26年1月句会の秀句
「夜明け」
澄み渡る夜明け邪念がとけていく 和喜子
夜が白む自問自答を引きつれて 文子
春暁へいつかを志す焔 あずさ
「竹」
天を射る竹に迷いはなかったか 道子
群れ立つも己貫く竹の節 冨士夫
節くれた指にも竹の芯がある 泰川
「はしゃぐ」
化粧して母さんはしゃぐ認知症 時任敏子
最後まではしゃいで過ごそ浮世風呂 憩舟
はしゃぐのはせめて白寿を超えてから 渡辺幹
「火」
晩景の画布に残してある種火 嘉山
埋み火を芯に女の二重帯 文子
あだし世へ今日も私の火の祭り 道子
「にんまり」
にんまりとするから冬の刑にあう 和喜子
にんまりとあなたの横で夢を見る なお子
消去したら残ったのが私 雅子
「雑詠」
初日の出男の覇気が迸る
発火点までは妥協を許さない 文子
一分を守り夕日はまだ燃える 絢子

PAGE TOP