平成26年10月句会の秀句
「彩り」
自画像の彩原色は避けている よね
上辺だけ彩るペンは折れやすい 和喜子
修羅越えて彩りを増す人間味 みち子
「熟れる」
熟成の余白へ今日の夢さがし ヒデ子
月満ちて妻から母の顔に熟れ 由美
熟読の本一冊に捕らわれる 道子
「和」
風呂敷に包む雅な和の心 ヒロ子
和がいのち一期一会の茶会席 和喜子
荒ぶ世や大和言葉が行き昏れる 文子
「こっそり」
こっそりと残り時間を振ってみる
こっそりとガラスの靴をはいてみる 貞子
旅に出てこっそり余白遊ばせる ヒデ子
「滑る」
滑る口重い口とでよくもめる 雅子
文明の地滑り止まぬ地獄絵図 冨士夫
滑っても私の愛が受け止める のどか
「雑詠」
柿紅葉紆余曲折が織る錦 照美
風韻をいざなう置手紙の白 絢子
平静は見せかけ泡の浮く水面 由美

PAGE TOP