平成26年11月句会の秀句
「トップ」
先頭の一語に千の矢が刺さる 照美
頂点の生きた背中に雪崩跡 和喜子
トップに立つ証砂塵が舞いあがる 隆男
「果たす」
母の役果たし女の巣に戻る 時任敏子
重責を果たし枯淡の丸い背な 友子
約束を一つ果たした菊日和 文子
「焼く」
焼き切れぬ煩悩ばかり責めてくる 英昭
藁一本灰に不屈の跡がある 文子
野火走るすべてを許す時が来た 照美
「鎖」
運命の鎖を揺らし生きている よね
手鎖をされても夢は描けます 伸江
鎖解く海は碧さを増していく 絢子
「ぎっしり」
ストレスをぎっしり溜めた衣紋掛け 照苑
百編の挽歌で埋めた置手紙 文子 
悲歌愛歌ぎっしり沈む涙つぼ 由美
「雑詠」
信頼が一途な夢を駆り立てる ヒデ子
枯草の下で生きてるど根性 田鶴子
リベンジを秘めて明日の風に立つ 隆男

PAGE TOP