平成27年5月句会の秀句
「ポイント」
決心が揺らぐ弱点知ってから 洋江
ポイントを押さえ逃げ道用意する 智子
新緑が点から面へ萌えあがる 隆男
「隔たり」
異文化の隔たり埋めるおもてなし 冨士夫
父と子の隔たり解いた置き手紙 菊江
隔たりを縮める汗は持っている 末男
「見る」
核心を見抜き正論ゆずらない 自津夫
深淵を除く江蓮の火を抱いて 文子
純真な児の見る夢は曇りなく 恵子
「当然」
会者定離天の掟にひざまずく 剛史
白きもの真白く洗い生きていく 文子
雲百態いずれ一人の道を行く のどか
「せいぜい」
立つ位置をわきまえている影法師 清敏
渾身で生きる炎を抱きしめて ヒロ子
なべて夢戯画千枚といく此の世 文子
「雑詠」
若葉風古い私にさようなら ヒロ子
風になるまでは捨てない夢がある 冨士夫
変化する夢は成長かも知れぬ 末男

PAGE TOP