平成27年10月句会の秀句
「あした」
不確かなあしたへ今日を濃く生きる 孝子
あしたこそ拳を握る大落暉 友子
あしたには消える正面かも知れぬ 文子
「ぴったり」
ぴったりと合わす諸手に罪を抱く 文子
ため息をあうんに変えた夫婦道 美津江
合致した思いが明日の道 絢子
「値打ち」
わたくしの値打ち月夜の感受性 久子
子を抱いて平和の価値を深く問う 和喜子
学び舎の真価は数字では問えぬ 八洲雄
「くつろぐ」
コンセント抜いて私を解き放つ 由美
いのちまでゆったりほぐす菩薩の絵 和喜子
くつろいだ姿勢に崩れない気品 絢子
「順調」
順調に化粧わたしも山なみも よね
絶好調じんじんたぎる火の鼓動 和喜子
意をくんで純に育てた青りんご 金次
「雑詠」
失敗がいつか私の隠し味 ヒロ子
白い画布どの子も輝けるように 照美
金木犀ぼくもオーラを発したい 八洲雄

PAGE TOP