平成28年5月句会の秀句
「揺らぐ」
慈愛ふつふつ揺りかごを揺らす手に 文子
決心が揺らぐ涙を見た日から 俊子
水無月のゆれる心を立て直す ヒロ子
「未来」
青雲を抱くと未来が透けてくる 節子
風薫る心はいつも未来形 冨士夫
長生きは未来の旗を離さない 昌子
「長い」
大河滔々久遠のいのち滾らせて 道子
火花散らして長続きする仲間 隆男
満月も新月もある長い旅 和喜子
「気付く」
軸足のぶれぬあなたが道標 文子
標的へ渾身の汗しぼり抜く 和喜子
躾糸母の標がここにある ヒロ子
「標」
棘ぬいてバラのプライド消えていく 仁美
足跡が消えてあの娘は星になる 泰栄
視界からヒト科が消えているスマホ 八洲雄
「雑詠」
信念のひとつと川を遡る 文子
譲れないものあり帯はややきつめ 陽子
まずは食べゆっくりいろは考える 和子

PAGE TOP