平成28年6月句会の秀句
「避ける」
膠着を避け白旗を振る勇気 照美
親密を保つ掟の車間距離 ヒキノ
平坦を選び続けた悔いがある 洋江
「病」
風に立つ覇気が病を寄せ付けぬ 悟郎
男はんあなたも愛の狩人か 文子
海鳴りが止まぬ地球が病んでいる 敏子
「分かる」
鶴を折る鶴の痛みがわかるまで 貞子
分かってる人は饒舌にはならぬ ヒロ子
黙約へくちなしの頃届く文 あずさ
「説明」
説明は要らぬ印籠見せておく ヒロ子
解き明かす宇宙神秘のままが良い 道子
風光明媚野暮な説明などいらぬ 和子
「シャツ」
男のシャツ槍一本を秘めている
赤シャツを青空に干す漱石忌 文子
シャツを脱ぐ今日の私を脱ぐように 勢津子
「雑詠」
負けて勝つ引出しひとつ増えました 節子
清濁を呑んで大人になってゆく 孝子
ありがたい梅雨は地球に贈り物 登茂子

PAGE TOP