平成28年10月句会の秀句
「したたか」
八起き目は藁一本を掴み取る 照美
礫にも噂にも馴れよく眠る 陽子
逆境にめげず真っ赤に咲いている 文子
「見習う」
見習っていつか大河の主になる 敏子
見習いつつ磨く個性が光りだす 満智代
先人の知恵を盗んで伸ばす蔓 ヒキノ
「やるせない」
生き抜いた重さもやがて空になる 由美
やるせない時間を溶かすリルケの詩 英昭
咲き誇る花の刹那がやるせない 文子
「思わず」
萩ゆれる思わぬ人の告白に ヒロ子
胸中の銃を思わず握った日 正塔
一枚の秋が乙女にしてしまう 道子
「天敵」
天敵に真っ赤な夕日蹴っている 勢津子
天敵はないのか雲は悠々と 道子
天敵と秋の理性を分かち合う ヒロ子
「雑詠」
地球を担ぐ青雲の志 典子
後悔はしないと決めた曲がり角 ヒロ子
熟考へ天から降りて来る下五 八洲雄

PAGE TOP