平成28年12月句会の秀句
「けなげ」
本当のけなげは空の上にある 多喜
ひたむきな汗が未来の火を創る 和喜子
子を守る母はけなげで逞しい みち子
「あやかる」
若冲にあやかる筆を今日もとる 英昭
北斎の波にあやかりたい絵筆 孝子
一芸の墨あやかって汗を積む よね
「カウント」
生と言うカウント今日も陽が昇る ヒロ子
カウントアウト空はあくまで澄み渡る 絢子
どんぐりを数え夢まで拾ってた 裕子
「はっきり」
曖昧を嫌う女の楷書体 孝子
明解な答え曇りのない鏡 由美
鮮明に心音をきくハグをする 仁美
「耐える」
よく耐えた唯一父の褒め言葉 峰義
生きねばといじめに耐えた被災の子 孝子
嫌味にも耐えて都知事の好い笑顔 充子
「雑詠」
雄飛する爪の先まで朱に染めて 和喜子
先頭の鋭気に旗がよくなびく 田鶴子
裸木の蓄えている希望の芽 菊江

PAGE TOP