平成29年1月句会の秀句
「アップ」
暁光へアップテンポで磨く靴 あずさ
アップダウン人生にある箱根坂 照美
隣人とタイアップしてこそ平和 五十二
「足もと」
足もとに静の気迫を秘めている あずさ
足もとを照らす灯となり茶が旨い 隆男
足もとに花咲く大地あるを知る 勢津子
「どっさり」
喝采の舞台支える罪数多 絢子
どっさりの絵馬神様はどう裁く 文子
どっさりと持たす母が私にした様に 登茂子
「戸惑う」
とまどいは見せぬと決めた春の帯 ヒロ子
戸惑って女人高野の風に聴く あずさ
戸惑いもなく一線を越えてくる 道子
「起点」
どん底の今を起点に天を向く 時任敏子
自立への起点となった火の一語 隆男
つまずいた石を起点に生きている 仁美
「雑詠」
生きるとは人と人との鎖編み 由美
私にも茜に染める明日がある ヒロ子
天命を待つ間も風と響き合う ヒデ子

PAGE TOP