平成29年3月句会の秀句
「チェンジ」
チェンジしたバトン伝統守り抜く 島津敏子
万物流転戻らぬ日々に血が疼く あずさ
火を踏んでやっとチェンジの絵が描ける 照美
「あがる」
断捨離へ五欲残して雨あがる 冨士夫
呪縛から抜けて私の雨あがる 英昭
終章は私の彩に染めあげる 自津夫
「指す」
千羽目の鶴が目指した神の胸 文子
海に向く無限の夢を櫂にして 和喜子
あの日まで平和を指していた時計 由美
「砂」
一粒の砂も道理を秘めている ヒロ子
砂絵描くはみ出すことを恐れずに あずさ
慟哭を砂が聞いてる津波跡 貞子
「ばさばさ」
戦後史を支えた母の乱れ髪 文子
ばさばさの土耕して今の城 瑞恵
ばさばさの天地ヒト科のエゴを問う 照美
「雑詠」
したたかにプラスの風を孕む真帆 あずさ
触れられて素直に開くドアが好き 冨士夫
いのちうたかた林檎に歯形たてながら 文子

PAGE TOP