平成29年9月/中部地区川柳大会の秀句
「跳ねる」 坂 範子 選
跳ね返す飛沫をためているコップ 中川洋子
本当のドラマは芝居跳ねてから 竹平和枝
美しい角度であすも跳ねてみる 柴田比呂志
「跳ねる」 丸山 進 選
跳ね返った石を聖書と受け止める 岡戸君江
水しぶき浴びて男が舟を出す 廣田洋江
僥倖と語る少年駒はねる 松原ヒロ子
「薄い」 佐藤 文子 選
薄く剥くリンゴ答を待っている 大野よね
束の間の薄日や母の爪を切る 鷲尾貞子
薄情けポッケに詰めて生きている 竹内そのみ
「薄い」 今田 久帆 選
伸びきった輪ゴム影まで薄くなる 高木みち子
思い切り泣いた夜明けの薄い月 神谷ヒキノ
人情が絡むともろい薄氷 鈴木千代見
「和」 鈴木 恒夫 選
平和だと信じて咲いた茄子の花 三好光明
飾り気の無い妻と居て平和な日 丸山重司
和平案蹴って野武士となる覚悟 平松由美江
「和」 板橋 柳子 選
のどごしの水が平和を唱えてる 岡本聡
平和幻想割れる卵を抱いている 佐藤文子
平和への銃をわが子へ持たせるな 島津敏子
「鍛える」 奈倉 楽甫 選
過保護の子鍛えてくれたアルバイト 石川典子
胸借りて恩を返した勝ち名のり 福村今日志
いざ鎌倉真価を見せる叩き上げ 青山良巳
「鍛える」 松代 天鬼 選
被爆者の痛恨反骨を鍛え 本多雅子
人間が蒔いた種から鍛えられ 土佐昌子
きたえても鍛えてもなお弱い葦 今村美根子
「巡る」 荒川 八洲雄 選
逝く影の重さと巡るあしたの絵 浅野滋子
愛憎を鎮めて巡り合う銀河 神谷ヒキノ
巡る忌へ思慕むらさきに涸れていく 坂範子

PAGE TOP