平成29年10月句会の秀句
「激しい」
袈裟切りにされても通す朱の主張 和喜子
激論を重ねて広い海に出る 孝子
激流の地獄見て来た丸い石 川野友子
「近づく」
近づけば張子の虎の糊の跡 英昭
散り際の美学を抱いて風に立つ 川村道子
風雲の迫りつつあり桐一葉 てる
「見事」
タクト見事に歓喜の森へつれていく 川村道子
舞い終えて見事な着地イチョウの葉 住田勢津子
天の意志星一兆を思うまま 久仁重
「繋ぐ」
舫い船どんな試練も乗り切ろう 陽子
勝つために水と油が手をつなぐ 本多雅子
つなぐ手にしっかと刻む未来像 剛史
「べったり」
濡れた手で感情線にふれないで 猿渡智子
べったりの古い絆を縫い直す 久子
青空の隅の隅まで未来塗る てる
「雑詠」
鉄棒の下にファイトが埋ってる 小久江明子
秋天へ炎の詩魂ほしいまま 剛史
秋を刈る母の軍手は逞しい 久子

PAGE TOP