平成29年11月句会の秀句
「餌」
繋がれた鎖で餌に困らない 高木みち子
美辞麗句餌がたっぷり塗ってある 松原ヒロ子
鼻先の擬似餌に弱い蟻の群 住田勢津子
「こだわる」
まっ白になるまで汚点洗い切る 松尾由美子
頑固一徹屋敷を守る鬼瓦 猿渡智子
真っ直ぐにこだわる葦が立枯れる 廣田洋江
「てきぱき」
手際よい才女の花は凛と咲く 大野よね
まだ弾むまりです鏡拭いてから 鷲尾貞子
手際よくひと日を過ごす秋袷 加藤田鶴子
「捨てる」
野火走るもうこだわりは捨てました 加藤田鶴子
無に還る捨てるものなく風ひとつ 浦山久仁重
生きるとは取捨選択の風の道 橋本あずさ
「マフラー」
心にもマフラーを巻く深い思慮 島津敏子
マフラーに生きねばならぬ顔がある 松原ヒロ子
マフラーの編目に宿る愛と憎 松浦美津江
「雑詠」
背負うものあって一日を慈しむ 松原ヒロ子
一画のとめにためらう齢とや 木村英昭
琴線に響きはらわたまで晒す 沢田清敏

PAGE TOP