平成30年2月句会の秀句
「わずか」 橋本悟郎 選
ミクロンの世界が秘めているロマン 荒川八洲雄
早春の薄日の先にある希望 赤星陽子
ステージ5希望は捨てぬ生きる覇気 大野恵子
「つぶやく」 梶田隆男 選
つぶやきの波紋が揺らす座標軸 山﨑甫子
三寒のつぶやき花はちゅう躇する 大野よね
言い分はないとつぶやく古時計 森峰義
「干す」 原田多喜 選
ゆっくりと心を干して見えるもの 佐藤あや子
迎合しないたとえ干乾しにされてでも 佐藤文子
干されても芯は揺がぬ男の譜 荒川照美
「耳」 赤星陽子 選
耳順いま一気に坂を登り切る 荒川照美
力にはなれぬきれいな耳を貸す 小林和喜子
耳栓を抜くと噂がなだれ込む 梶田隆男
「悪い」 浜口剛史 選
悪人正機信じてなおも揺れる葦 佐藤文子
も一人の私の中の悪を斬る 小林和喜子
負の連鎖断ち切りたくて途中下車 織田広花
「雑詠」 加藤田鶴子 選
丁丁発止迫る老化と渡り合う 青山良巳
年重ね母は巧みに渋を抜く 猿渡智子
入魂の一作海が満ちてくる 小柳津絢子

PAGE TOP