歴史と伝統の中日川柳会の秀句

令和元年年10月句会の秀句
「大空」 三好金次 選
大空へ翼ひろげて巣立ちする恵利菊江
大空は絵になるロマン抱いている近藤満智代
大空が画布渡り鳥群れ還る阪本周司
「なおざり」 矢野五十二 選
なおざりにしてはならない人の情髙木みち子
なおざりに返した言葉歩き出す阪本周司
人命をなおざりにする銃社会橋本律雄
「ライン」 本多雅子 選
境界線ない秋空は青く澄み大井恵子
曲線を足して人間らしくなる梶田隆男
一線を引いて笑顔のお付き合い鬼頭照苑
「長い」 住田勢津子 選
トンネルが長いと知らぬ縄電車小川正塔
源流の滴に倣う僕の旅松浦美津江
太くて長い生命線が不安です梶田隆男
「募る」 戸田冨士夫 選
知るほどにいよいよ募る好奇心川越洪太郎
募る不安停止ボタンの無い戦川村道子
今がある募る母への恩返し橋本律雄
「雑詠」 木村英昭 選
うやむやにしたくない日の鉤カッコ松浦美津江
秋天の窪みに憂うものがある松原ヒロ子
人を差す指は保身に満ちている赤星陽子

PAGE TOP