歴史と伝統の中日川柳会の秀句

令和3年6月句会の秀句
「天気」 矢野五十二 選
慈悲ぶかい言葉ひとつで心晴れ坂みつ江
蒼天へ信じるものがある強さ橋本あずさ
観天望気磨きつづけている大志佐々木孝子
「そのまま」 倉知武好 選
庭箒そのままにして三回忌川越洪太郎
延命は不要わたしは風になる岩田マリ
角立てぬオウム返しという一手松浦美津江
「言う」 梶田隆男 選
今ここで言わねば闇が深くなる木原恵子
言い分は握り拳の中にある鷲尾貞子
思いやる一言涙腺ゆるくなる髙木みち子
「雑詠」 木村英昭 選 
惜別の君に捧げる鎮魂歌佐藤文子
雨しとどどこで打とうか句読点荒川照美
明日あると大地に挑む農の顔惠利菊江














PAGE TOP