歴史と伝統の中日川柳会の秀句

令和3年7月句会の秀句
「むしろ」 白石てる 選
さざ波よりも刹那を生きる滝の音橋本あずさ
直線より曲線多彩な絵が描ける荒川八洲雄
メールよりむしろ癖字に癒される木村英昭
「照る」 森峰義 選
日は燦燦遺言状はまだ書かぬ佐藤文子
余韻に映える舞台感嘆符が踊る浅井典子
灼熱の太陽嫌う足の裏梶泰榮
「外」 住田勢津子 選
呼吸器を静かに外す千羽鶴髙木みち子
産道をくぐり産声ありったけ岩田マリ
ヤングケアラー外に出せない闇がある松原ヒロ子
「雑詠」 松原ヒロ子 選
たかが趣味されど本気が燃えている住田勢津子
刃こぼれのままの残章にも矜恃前田ゆうこ
涸れてなお薫る亡父の墨壺よ佐藤文子














PAGE TOP