歴史と伝統の中日川柳会の秀句

令和3年4月句会の秀句
「無論」 阪本周司 選
人の字の支点にあった思いやり位田仁美
矢を放つむろん覚悟は出来ている島津敏子
木漏れ日は無論敗者の肩も抱く小川正塔
「よける」 江崎秀子 選
避難路に先人たちの苦の石碑荒川八洲雄
明言を避けてなりゆき聴く涙猿渡智子
半開きの傘で難儀を凌ぎます浅井典子
「先生」 柳秀夫 選
教え子とともに未来に種を播く小柳津絢子
人生の反面教師だった父母猿渡智子
ふるさとの風がわたしの羅針盤位田仁美
「雑詠」 荒川八洲雄 選
この道を信じ追い炊き欠かさない佐藤文子
大津波知るやのたりと春の潮川村道子
咲き急ぐ百花が諭す気候危機廣田洋江














PAGE TOP